低年式車買取

あなたの愛車も高価買取してもらえます!
低年式車買い取りのポイントを抑えた方法で高価買取に挑戦!!
今すぐ無料で簡単一括査定

自動車リサイクル法とは何?どのくらいかかるの?

低年式車買取,査定,価格,値段

 

自動車リサイクル法

 

車を所有している方であれば、自動車リサイクル法というものを
一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

 

車を所有している方全員に関係するものになりますので、自動車リサイクル法については
十分に理解しておきたいものです。ここでは、自動車リサイクル法についてお話ししていきましょう。

 

 

そもそも自動車リサイクル法とは・・・

 

 

自動車リサイクル法というのは、2005年に制定されたものです。その名前の通り、
自動車のリサイクルに関係する法になります。自動車リサイクル法では、

 

自動車メーカーや自動車輸入業者に自動車の一部のリサイクルを義務付けており、
その処理費用を自動車の所有者が負担するものと決められています。

 

 

もともと自動車というのは廃車となっても、その大部分を再利用することができます。
自動車は鉄やアルミなどでできていますので、再利用できる部分のほうが多いのです。
再利用できるのが自動車の8割だとして、残りの2割というのはこれまで処分されていました。

 

 

 

ただ、処分するためのスペースがなくなってきていること、処分するにあたっての費用が
高騰していることなどから自動車リサイクル法によってリサイクルを義務付けたというわけなのです。
自動車の所有者はリサイクル料金を払った上で、ようやく廃車にすることができるのです。

 

 

自動車リサイクル法でどのくらいのお金がかかるの?

 

 

先でもお話ししましたように、自動車の所有者というのはリサイクル料金を払う必要があります。
ただ、一律に決められているわけではなく、どれだけのお金を払っていくのかというのは
所有している車種によって異なってきます。

 

低年式車買取,査定,価格,値段

 

一般的には、6000円から18000円ほどの料金になるといわれています。
この料金に加えて、情報管理料金、資金管理料金というものも払っていくことになります。
情報管理料金、資金管理料金は数百円ですので、そこまでの負担にはならないでしょう。

 

 

 

これから自動車を購入しようと思っている方は、こういったリサイクル料金についても
考慮した上で選んでいくのが望ましいでしょう。幸いなことに、リサイクル料金が
いくらになるのかというのは自動車メーカーをはじめ、輸入業者のホームページ上などで
公開されています

 

 

 

車を購入する際の金額に比べたらそこまでの金額ではないものの、
廃車にする段階で「こんなにお金がかかるのか!」と衝撃を受けないためにも
事前に調べておきたいものです。

 

 

>>>低年式車、多走行車に車両保険は必要か?

高価買取してもらえる買取会社

 

かんたん車査定ガイド

 
 
   宅で待つだけで、最大10社から

   なたの愛車の一番高い買取価格が

   かってしまう一括査定サイト

 

  かんたん車査定ガイドはこちら
 
 

 

ズバッと車買取比較.com 

 

 車買取比較サイトの

 累計利用者数は100万人以上!

 

 依頼できる業者数が多いので、      

 あなたの車の価値がわかる業者に出会えるはずです!

 

 

《車買取》愛車を一番高く売るなら♪