低年式車買取

あなたの愛車も高価買取してもらえます!
低年式車買い取りのポイントを抑えた方法で高価買取に挑戦!!
今すぐ無料で簡単一括査定

低年式車の自動車税が高い理由とは?年式による税金の違い

低年式車買取,査定,価格,値段

 

低年式車の自動車税

 

自動車税というのは、車を持っている方であれば誰もが支払うべきものになります。
走行していても走行していなくとも支払う税金になります。
ただ、この自動車税というのは、低年式車においてはその金額が異なってきます
。ここでは、低年式車における自動車税についてお話していきましょう。

 

 

そもそも自動車税とは

 

自動車税というのは、車を持っている方に課せられる税金になります。
毎年4月1日の時点の車の所有者に自動車税が課せられます。
乗用車の場合には、その排気量によって税金の金額が異なってきます。

 

 

 

当たり前のことですが、排気量が多ければ多いほど、
税金として取られる金額も大きくなってきます。
車の排気量というのは、地球環境にも影響するものですから当然です。

 

 

 

これは税金として決められていることですので、
ごねたところで値引きされるということは一切ありません。
決められた金額を5月の末日までに全額おさめることになります。

 

 

 

万が一、自動車税を期限までに納められないようなことがあれば、
ペナルティとして延滞金が課せられます。延滞金も結構な負担になりますので
、なるべく早く段階で自動車税を全額納めておきましょう。

 

低年式車の自動車税は高い!

 

低年式車というのは、簡単に言ってしまえば古い車ということになります。
古い車と新しい車で何が違うのかというと、
環境に配慮しているかどうかという部分が挙げられます。
低年式車買取,査定,価格,値段

 

もともと車の排気ガスというのは環境に悪いということが言われていましたが、
やはり古い車よりは新しい車のほうがそういった部分も意識した上で設計されています。
つまり、古い車のほうが排気量が多く、環境にとってはあまりよくないものなのです。

 

 

 

自動車税というのは、そういった環境への負荷というものを考えて設定されているものでもあります。
だからこそ、低年式車の自動車税というのは高くなるのです。
ガソリン車では13年、ディーゼル車では10年経つと自動車税が高くなります。

 

 

 

ひとつのものを長く使っていくという姿勢は非常にいいことではあるのですが、
自動車に限っては排気量や地球環境のことも考えなければいけないのです。
新しく地球環境に負荷のかからないものは自動車税が軽減され、
古く地球環境に負荷をかけてしまうと思われる低年式車には
自動車税が重くされるというのがひとつの制度として成り立っているのです

 

 

 

地球環境のことを考えれば、
低年式車の自動車税が重くなってしまうのは仕方のないことかもしれません。

 

 

>>>低年式車の車検代が高額になる理由とは?

 

高価買取してもらえる買取会社

 

かんたん車査定ガイド

 
 
   宅で待つだけで、最大10社から

   なたの愛車の一番高い買取価格が

   かってしまう一括査定サイト

 

  かんたん車査定ガイドはこちら
 
 

 

ズバッと車買取比較.com 

 

 車買取比較サイトの

 累計利用者数は100万人以上!

 

 依頼できる業者数が多いので、      

 あなたの車の価値がわかる業者に出会えるはずです!

 

 

《車買取》愛車を一番高く売るなら♪